酵素の役割

 

酵素はわたしたちが生きるための重要な栄養素で、食べ物を消化・分解するほかに、呼吸や思考、さらには自然治癒力などにも無くてはならない役割を果たしています。

私たちが生きているのは様々な体内での化合物の反応によるからですが、酵素はその反応に不可欠です。例えば、酵素は消化や分解、免疫機能などに関係しますが、酵素には消化酵素と代謝酵素、さらに食物酵素があります。消化酵素は食べた物を体内で消化し、必要な栄養素取り込むためで、唾液や膵液などに含まれていますが、腸内の微生物も消化酵素を作り出します。また、代謝酵素は体内の細胞を作り上げるほかに、呼吸や運動に必要な化学反応に関係していますし、老化防止や解毒、免疫力や自然治癒力にも作用します。

このような生命に不可欠な酵素ですが、私たちが作ることのできる酵素の量は限られています。ですから、不足分は食べ物や飲み物から補給しなければならないのですが、それが食物酵素になります。

酵素はたんぱく質ですから、たんぱく質を摂取していれば必要な酵素は補給できると考えられていましたが、充分な酵素を作りだせる体質とそうではない体質があることが分かっています。そこで注目されたのが、どうすれば体内で作られる酵素に代わる外部からの酵素を補給するかということです。

当コラムでは、体内生産に限界がある酵素の不足分をどのように食べ物から補充するか、また酵素の主な種類はなにかなどについての説明をします。基本的にバランスのとれた食事がいかに大切かがお分かりいただけるでしょう。

◇オススメ情報◇
・飲みやすさを追求して作られた、アマゾン生まれの貴重なタヒボ茶を販売しているサイトです ⇒ タヒボ茶
・青汁を選ぶ前に知っておきたい豆知識なども紹介している、青汁の比較サイトです ⇒ 青汁 比較